TEL

自律神経 | 熊本市北区役所・植木5丁目バス停そば【病院の医師・整体マッサージ師も通う痛みと自律神経の専門家】さかぐち整骨院 菊池市・山鹿市・玉名市・合志市からむちうち交通事故多数来院

お問い合わせはこちら

自律神経

自律神経を改善するなら熊本市・植木町のさかぐち整骨院まで

原因不明のこんな不調はありませんか?

・手足のしびれ
・耳鳴り
・めまい
・だるい
・慢性的な疲れ

・下痢
・便秘
・微熱
・頻尿
・残尿感
・片頭痛
・ほてり
・うつ
・焦燥感

・フワフワした感じで落ち着かない

・不安感
・感情の起伏が激しい
・不眠

病院へ行って相談しても内臓系には何も異状がなく、特に病気の気配はないのに慢性的な不調が続く…といった場合、自律神経のバランスが乱れている可能性があります。

自律神経の働きが悪いと、特に病気でもないのに精神的、身体的な症状が出てきます。

どのような症状が出るかは個人差があります。

熊本市・北区のさかぐち整骨院は、今までたくさんの自律神経の不調の方に関わってきています。
原因不明だけれどツライ症状をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

自律神経と心の関係

私は初診の患者さんには、必ず「自律神経と心の関係」の話をします。

「運動神経」は、体を支えたり、筋肉を動かしたりするので大切な神経ですが、運動神経が麻痺しても死にはしません。

ところが、自律神経が働かないと、生きていることは出来ません。

つまり、明らかに「自律神経」の方が重要なのです。

そもそも自律神経とは何か?

心臓を動かしたり、呼吸をしたり、血圧や体温調節、食べたものを消化して栄養を吸収し排泄する指示を出したり、血液成分の白血球の中のリンパ球の数を調節して免疫力を高めたり、つまり生きるためのあらゆる調整を、自動的にやってくれているのが自律神経です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があります。

交感神経は、「今日中にコレをしなきゃいけない!その次は、明日までにアレをして・・」など、「よ~し、頑張るぞ!」という時に緊張します。(血管収縮、免疫力低下)

副交感神経は、リラックスするとき、眠くなるときに働く神経です。また、眠っている間にいろんなホルモンを分泌して身体の悪いところを修復してくれる、疲れを取ってくれるのも働きの一つです。(血管拡張、免疫力増加)

運動神経は自分の意志で動かすことができる神経ですが、

自律神経は自分の意志では動かすことができない神経です。

ちょっと心臓を止めてみようと思っても止まりませんし、かと言って眠っている間に呼吸してないかというと、ちゃんと呼吸しています。 「自分で律する神経」なんです。

ところが、梅干を食べるところを想像すると、唾液がでます。これは、梅干を食べたときのイメージが、唾液腺を刺激して起こります。

また、みんなが居るところで、「順番に一人ずつみんなの前で発表してください。」と言われて、順番が近くなってくるとドキドキしたりします。このとき心拍数が上がって血圧も上昇しています。つまり、自律神経に影響を与えているのです。

ということは、自律神経は自分の意志では思い通りにコントロール出来ないけれど、「感情とか心」が影響を与えることが出来るということです。

だから、「ストレスが健康に良くない」とよく言われることがわかると思います。

特に不安やプレッシャーなどのストレス感情は自律神経の「交感神経緊張」を強めるため、体の疲れを取ったり悪いところを修復してくれる「副交感神経」の働きが低下してしまいます。(眠りが浅くなる)

ただ、ストレスは無くならないですよね。

では、「どうしたら良いか?」という話も、2回目以降にお話していきます。

あなたの「副交感神経」がキチンと働き出すと、「自発的な治癒力」で症状が確実に、しかも自然と変化していきます。

原因不明の症状や、相当に症状の重い方でも、「自律神経」が整うと問題が解決し始めます!

何でもお気軽にご相談ください。